tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

「バンアンプール ビーチ(Ban Amphur Beach)」~パタヤ ジョムテン南のサッタヒープの海岸、港街の光景!!

 

 

パタヤ ジョムティエンビーチから先は所々にハーバー、漁港とかはありますが延々とビーチが続きます。

 

同じチョンブリー県にあるが、パタヤとは別の「サッタヒープ」郡になっている。

 

すでに紹介した「ワット カオシーチャン」、「ワット ヤンサンワララーム」そして「ウタパオ空港」も「サッタヒープ」にあるが、やはり世界的な地名度から「パタヤ」の一角として位置付けられているよう。

 目次

 

「サッタヒープ(SATTAHIP)

 

 

 

 

 

 

 

このエリアは元々米軍基地があった場所で、今はタイ海軍の「サッタヒープ海軍基地」、「ウタパオ空港」も今も併用されているが、空軍の基地。

 

その関係もあってかホテルの数も多く、リゾート地も延々とビーチ沿いを占めている。

 

 

1、「バンアンプールビーチ(Ban Amphur Beach)」 海岸

 

ここも全く予定に組んでなかった場所、自転車で移動をしているからこそ寄れる場所。

 

パタヤビーチ、ジョムティエンビーチとは全く趣きが違ったビーチ。

 

見るからに地元のタイ人と多少のファランだけで、静かにのんびりするにはいい処。

 

ジェットスキー、モーターボートの走行が禁止されているよう。

 

風力発電の風車が目印。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、「バンアンプールビーチ(Ban Amphur Beach)」 港街

 

ビーチ前の海岸と並行な道を進むと、両側にはシーフード中心のレストランがいくつもあり、その際は漁港になっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入江になっている川の橋とか、近くの塀にはアートが描かれていて、余計にのんびり、ゆったりとした光景。

 

こうゆう場所に来られるのも、移動手段が自転車ならではの賜物になります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**これらの画像は2019年12月に訪問したものです。**