tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

「ダイヤモンド シティ プレイス ホテル(Diamond City Place Hotel)」~サウスパタヤ、パタヤタイ沿いのバスタブ付きの格安ホテル!!

 

 

サウスパタヤにあるパタヤタイ(サウス パタヤロード)沿いにある格安ホテルの紹介を、ここもしっかりと3泊しました。

 

パタヤのホテルに宿泊する時は、同じホテルに最低3泊して、他のホテルに移りまた3泊、滞在は6泊7日の最低でも1週間。

 

それから他の場所に移り2週間、して日本に帰る前に又1週間滞在、このパターンでタイにノービザで滞在出来る30日間、それ以上居たい時は、一旦隣の国に入り、戻るビザランで30日以上の旅をします。

 

目次

 

「ダイヤモンド シティ プレイス ホテル(Diamond City Place Hotel)」

 

 

 

 

 

 

パタヤのホテルを料金安い順に検索すると、先日紹介したサワディーチェーンのホテルと一緒に上位に必ず現れるのがこのホテル。

 

■ ダイアモンド シティ プレイス ホテル (Diamond City Place Hotel)

513 Moo 10, South Pattaya Road, Banglamung パタヤ タイ 20260

 

1泊 税、サービス料込 2,372円 (朝食付き)

 

スタンダード シティビュー キングルーム

 

今サイトを見ると、朝食なしだが千円ちょっとで料金が出ている。

 

朝食なしでも「ソイ ブッカオ」に行けば、いくらでも100バーツ以下で朝食のセットメニューが食べられます。

 

 

1、入口、フロント、ロビー

 

サードロードの交差点の手前、パタヤタイ通り沿いにはレストランの建物があり、その脇を行くと左が入口で、正面は駐車場のスペース。

 

入口の処の外側に椅子はあったが、ロビーのスペースはなく、直にレセプションのカウンター。

 

格安のホテルにあるデポジットは確かなかったと思います。

 

チェックイン時にキーと朝食券を1泊に付き1部屋2枚ずつ貰えます。

 

 

 

 

 

 

 

2、部屋の内装、設備、備品等

 

ここのホテルの特徴は、なんと言っても部屋が広い事、一番安いシティービューの部屋でも30㎡あります。

 

ベッドはやや低めの大きさ充分のキングサイズベッド。

 

TV、エアコン、冷蔵庫、必要最低限のものはすべてそろっている。

 

ベランダはあるが、隣のビルしか見えない。

 

そしてこのホテルの最大の特徴、ポイントはバスタブがある事。

 

こだわりはないのですが、2千円台、今は1千円台で宿泊出来るホテルにバスタブがあるのはめったにないのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、プール

 

プールはあまり期待しない方がいいかもですが、この大きさなので泳ぐというより浸かるのみ。

 

ただ見た目の画像写りは、何となくまとまっていていい。

 

プールサイドには、ベッドチェアがいくつか、フロントにソファとかがなかったが、プールの隣にゆったりスペース「がある。

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、レストラン、朝食

 

レストランは正面の通り沿いにあり、1日中やっているよう。

 

朝食はチェックイン時に、朝食券を2枚もらえる。

 

朝食はメニューは3種類で、アメリカン、コンチネンタル、チャイニーズだったような。

 

パンが確か、トースト、ワッフルとか選べた。

 

初日は1枚しか出さなかったが、2日目に2枚出したら2種類、アメリカンブレックファーストにチャイニーズのお粥が出てきて満足。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

パタヤの中心からは少し離れているが、このサウスパタヤパタヤタイ通り、通りを少し入った場所が独特な雰囲気で、ローカルの市場もあるので又次回紹介します。。。

 

 

 

 

 

 

**この記事は2019年12月に訪問したものです。**