tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

「タチレク」「ヴァレンタイン ティー&フード センター」にてミャンマーカレーを食してから、再びタイ「メーサイ」へ戻る!!

 

 

ミャンマーに来たからには、これを食べなければということで、「ミャンマーカレー」を食べました。

 

ミャンマーでもっともポプュラーで、普通に食べられているのがカレー。

 

タイとかインドで食べるものとは多少違うようで、通り沿いの店先のケースに色々な種類のカレーが陳列されていたので、迷わずこの店へ。

 

 

タチレク 「ヴァレンタイン ティー&フード センター(Valentine Tea&Food Center)」

 

 

お店の名前は、「ヴァレンタイン ティー&フード センター(Valentine Tea&Food Center)」。

 

店の作りはオープンエアーで、少しお昼の時間は過ぎていたが結構人が入っていました。

 

 

 

愛想がいい店員に案内され席に着き、シーフードぽいカレーをオーダー。

 

カレーはどちらかと言うと、スープカレーのようなものがスープの器に入ったものが出される。

 

そしてライスに、色々なものが載っているのが特徴。

 

ゆで卵を含めて8~9種類の付け合わせが、何かこれだけのおかずがあれば、これだけでご飯を食べられそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はちょっと辛そうだったので、水とウォーターメロンジュースを注文。

 

テーブルには水の入ったポットもあったが、これは飲まなかった。

 

肝心なカレーですが、思ったほど辛くはなくライスにかけながら、おかずも含め全て完食旨かった。

 

料金はタイバーツ支払で、飲み物含めて125バーツ(約415円)なので、ミャンマーを旅する際には毎日カレーでも飽きそうにないでしょう。

 

 

 

 

 

お店の道路挟んで目の前には、「ブランニョン卿の記念碑」があります。

 

ビルマの領土を統一した英雄、バインナウン王の黄金の銅像が中央に祀ってある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食後にスコールがあり、暫くお店にいたがその後には、中央のロータリーを左に行ってみたが、特に目立つものがなかったのでそのままタイのメーサイに引き返し。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミャンマー側出国の際はほぼフリーで、パスポートに出国スタンプを押されただけ。

 

タイ側は入国になるが、入出国カードを書かなくてはならず、最初はカードを何処で貰うのか迷ってしまったが、無事に入国スタンプを押して貰い、この日からさらに30日間タイに滞在可能、ビザラン成功です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*この記事は2019年6月に訪問したものです。