tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

「リバー クワイ ホテル(River Kwai Hotel) 」~カンチャナブリーで最初に3泊したリーズナブルなホテル!!

 

 

「カンチャナブリー」で最初に3泊した「リバー クワイ ホテル 」を紹介します。

 

どちらかと言うと、旧市街のバスターミナル寄りの場所で「カンチャナブリー駅」から歩いて行きチェックイン。

 

朝食付きでの税金、サービス料込で2,565円。

 

この料金で、この施設、設備、内容で宿泊出来ます。

目次

 

「カンチャナブリ」~「リバー クワイ ホテル(River Kwai Hotel) 」

 

 

 

 

なので、ゲストハウスのドミトリーに宿泊するより、絶対にこっちの方がいい。

リバー クワイ ホテル (River Kwai Hotel)

284/15 – 16, Saeng Chuto Road カンチャナブリー タイ

 

 

部屋の設備

 

ベッドはキングサイズ、窓際には応接セット、デスク、TV、冷蔵庫、荷物置きスペースも。

 

バスルームは画像撮らなかったのですが、広い洗面台にバスタブ、ハンドシャワー、トイレは手動ウォシュレット付。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロント 共有スペース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プール

 

プールもこの広さ、温水ではないがジャグジーもあり。

 

リクライニングチェアの数も充分、狭いがフィットネスもありました。

 

 

 

 

 

 

レストラン、朝食

 

朝食はブッフェで品数も豊富、レストランの場所はプール沿い。

 

ブッフェは沢山食べればお昼を節約出来ます。

 

 

 

 

 

 

夕食は。。。

 

夕食はホテルから歩いて5分ぐらいの時計台の向こうに、夜になると屋台がでます。

 

店舗数、テーブル、椅子もかなりの数がある。

 

この先にバスターミナルがあり、近くにショッピングセンターもあるので全く問題なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

全ての食べ物が40バーツなので、3日連続通ってしまった。

 

3日には顔なじみになり、店のおにいちゃんから無料の水を出してもらったので、それを飲んだのが悪かったのか、夜中にお腹が痛くなりトイレにかけこんだ。

 

お腹はすぐに良くなったが、急いでたのでバスルームの床がタイルで、バスマットの上に載ったとたんに滑ってしまい、その際に便器の角に右肩を打ち付けてしまい負傷。

 

その後問題なく旅も続けられ、荷物も持てたが、帰国後に整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらったら、脱臼との事で鎖骨が上にずれているとの事。

 

今でも寝ている時に、右肩を下に寝ると少し痛みます。