tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

映画「戦場にかける橋」リアルステージ、「ヘルファイアー パス メモリアル」~泰緬鉄道跡トレイルコースをさらに奥まで歩く!!

 

 

ヘルファイアー パス メモリアル」の記念碑から先、旧泰緬鉄道の路線跡はトレイルコースになっています。

 

博物館から最終地点の「コンプレッサー カッテイング」までは、往復約3時間。

 

但し今は何故か、手前の「ヒントック カッテイング」までしか行けなく、そこから先は通行止めになっていました。

 

ヘルファイアー パス メモリアル」~「ヒントック カッテイング」(戦場にかける橋の舞台)

 

 

 

 

ヘルファイアー パス」に来る方のほとんどは、ここの記念碑まで来て引き返してしまうが、この先に階段があり下るとトレイルコースになっています。

 

そして少し行くと「クウェーノイバレー展望台」が、絶対にここまでは来るべき、ここからの眺めは最高に素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺りは、「ハンマーアンドタップ カッティング」という名前がついています。

 

カッテイングというのは、両側に岩を切り開いて作った線路の跡。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺が一番の難所、「ヒントック カッティング」。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

この辺りは、谷になっており下には川の流れの跡も、正しくここがあの「戦場にかける橋」の舞台になった場所ではないかと感じました。

 

この谷には橋が架かっていたというような、写真が案内板にもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

「ヒントック ロード」という砂利道に出て、その先にもトレイルロードはあるようだが、鉄条網が張ってありタイ語の看板が立掛けていて、これより先は今は行けない様なので、残念だがここで引き返し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りはすでに昼過ぎて午後になると、記念碑まで来る方が多くなっていた。

 

カンチャナブリーまでの帰りも再びバスで、バス停に立っていたら10分もしないうちにラッキーなことにバスが通りかかり早めに戻る事が出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑↑↑

映画「戦場にかける橋」のリアルステージは、よく見かけるこの橋ではありません。

 

ここはカンチャナブリーからの街からもそんなに離れてなく、戦時中もカンチャナブリーは古い町並みも残ったまま。

 

あの映画でのジャングルの中の捕虜収容所は、正に今回紹介しました「ヘルファイアー パス」。