tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

「カンチャナブリー駅」から「タムクラセー駅」まで再び列車に乗り、線路の上を歩きに!!

 

 

「サンクラブリー」から再び「カンチャナブリー」に戻った、」次の日に、またまた同じ時間に「カンチャナブリー駅」から出発する「トンブリー」発「ナムトク」行きのTrain No257の普通列車に乗車。

 

前回は、終点の「ナムトク駅」まで乗って、「サイヨーク ノーイ滝」に行ったが、今回は手前の「タムクラセー駅」まで乗車して「アルヒル桟橋」の線路の上を歩いてきました。

 

「カンチャナブリー駅」~「タムクラセー駅」、「アルヒル桟橋」

 

 

運賃はこの区間に限り、ナムトク線は外国人はすべて100バーツ。

 

この日は平日だったので、前回乗った土曜日よりは空いているかなと思ったが、とんでもない。

 

「カンチャナブリ駅」を出た時はガラガラだったが、途中の「クアイ リバー駅」その後の駅からツアー客がどっと乗り込んできて満席状態。

 

「カンチャナブリ駅」から車両4両を増結したにも関わらず、この時期は常にこの路線区間は混みあっているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は空席もあったが、あっという間に満席。

 

ツアー客の一部には座る席もないような人が何人かいた。

 

座席も木のボックスシートなので、これで何時間も乗るにはきついかも。

 

 

 

 

 

 

 

あいかわらず車両のドアは、満席状態でも開けっ放しで走ってます。

 

ただ連結部に立って写真を撮ろうとしたら、車掌に注意をされました。

 

 

 

 

 

 

一番の見所を通過した際も窓からこの状況で、写真を撮れる状態でない。

 

前回列車からのショットは何枚か撮ったので、この日はここを歩く予定なので我慢。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「タムクラセー駅」では半分近くの乗客が下車、すでに列車に乗ってきてない車で来た観光客も含めてごった返していたので、暫く時間をおいてから。

 

線路を「タムクラセーブリッジ駅」方面に。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  

つづきます。。。。。。