tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

「釧路湿原」~日本最大の湿原の大自然を目の前にして、ちょっと曇ってましたがただただ感激!!

 

 

釧路湿原」は全国の湿原の3割を占める日本最大の湿原・湿地で、その大きさは山手線がすっぽり入り大阪市の面積に匹敵します。

 

先日北海道へ行った時の2日目にレンタカーで3つの展望台に行き見て来ましたが、それでも全体の一部を見てきたのみ。

目次

 

 

 

 

釧路湿原展望台

 

釧路の市街からも近く、道路のアクセスもいい駐車場も広い展望台。

 

通常ツアーとかで釧路湿原に行くコースは、ここを訪れるのみ。

 

 

 

立派な建物の展望台(この中に入るのは有料)があり、ここから遊歩道が整備されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釧路湿原細岡展望台

 

国道から少し入ってからちょっとダートな道を行くと、JR「釧網本線」の「釧路湿原駅」近くの展望台。

 

ここからはまるでアフリカのサバンナの様な風景。

 

釧網本線」」からの車窓の光景が良いとの事で、今度は是非列車に乗りながら眺めてみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釧路湿原駅」に行ってみたら、ちょうど釧路行きの「釧路湿原ノロッコ号」が入線。

 

駅は無人駅だがログハウス調の駅舎。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

コッタロ湿原展望台

 

国道391号線の「サルボ展望台」の手前、「塘路湖」から横のダート道「クチョロ原野塘路塘路線」を行くと、「コッタロ湿原展」があります。

 

ここはまともに行けるのかと思う様な砂利道なので、車でないと行くのは無理。

 

行ってみたら反対側から来ているワゴンタクシーもいたが、このダート道の途中の釧路川の風景、途中でキタキツネとかにも遭遇が出来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回北海道に行って、感動し素晴らしい光景の場所がいくつもあったので、スポット的に紹介させて頂きます。

 

タイの北部の記事は、まだまだ続きますがその後に・・・。

 

そう言っておきながら、また次の旅に出るようになるかもしれませんが。。。