tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

還暦プラス一年を迎えて~現状報告と今後年金支給生活になるまでとその後の抱負。。。

 

 目次

 

■現状報告①■

還暦を迎え1年、フルタイムの仕事を退職してから2年ちょっと。

 

何とかやっています、というか自分なりには以前よりかは充実した生活を送っています。

 

仕事は以前もちょこっと報告しましたが、相変らず趣味の旅に関わる事から足を洗う事が出来ず、派遣契約社員という立場ですが国内を中心の添乗員の仕事をしています。

 

なので毎日フルタイムでなく、出来る日にちだけ。

 

世間一般の方が休んでいる、土日、祝日、そして年末年始、春休み、GW,夏休み、秋の紅葉シーズンを中心に仕事が入ります。

 

申告制なので、シーズン以外だったらいつでも休みが取れる。

 

平均月に宿泊も絡んで10日間前後、オフになれば3週間、1ヶ月まとまって休みも取れるのでその間を利用して旅に出ています。

 

現役時代は周りを気にしながら、まとまった休み取れても1週間から10日間だったので、それに比べれば全然違う。

 

ただ収入はというと、仕事をしてなんぼの世界なので以前の収入の3分の1以下。

 

もっとも旅の仕事で稼いだお金のほとんどは、自分の旅の費用に充てています。

 

家では、まだお母さんが現役で働いているので、社会保険とかあるので自分は扶養という立場。

 

両親が死んで家も実家に移り、今迄住んでいた家のローンも終ったので支払は光熱費のみ。

 

2人の息子も働いていますので、長男は前の家に住んでおり、次男は昨年10月から名古屋に転勤になりました。

 

家の事と子供にお金がかからなくなったというのが一番。

 

 

 

 

 

 

■現状報告②■

現役の時に比べて使うお金も圧倒的に少なくなったので、これで充分に生活していけます。

 

自分で使うお金は、酒も飲まない、タバコも吸わないし、仕事中は食事が出ますので、それ以外の打合せ、精算時の食事、お茶代、あとは書籍代ぐらい。

 

スポーツクラブの会費を含めて月2~3万、仕事での交通費も現金支給(Suicaを使っているので、ビューカードの引き落としはありますが)なので、常に財布の中には現金があり減りません。

 

ただ今年から家の食事代他でいくらか入れる様に、お母さんから言われている。

 

家での食事も2人なので、1週間に1回ぐらいまとめて買い出しにいっているので、家にいる時は朝、昼、晩と家で食べてます。

 

 

 

 

 

 

■今後の抱負■

世間一般では、定年退職後の老後の資金は3千万円は必要だとか、60歳過ぎても会社に残って働らいた方がいいなど言われています。

 

政府も雇用の延長を各企業に推進しているようですが、要は近い将来年金支給が70歳以上にする為の策に思われてならない。

 

企業も60歳過ぎて働かせて責任を負わせ、現役社員と同じ労働条件で休みも取れなく、給料だけは半額に・・・これでは会社に残って働く必要は全くない。

 

世の中、年をとって働いている人が多い、特に議員とか70歳過ぎてもやっている方が多いが、議員とかは60歳は無理だと思いますが、70歳定年制にして充分にお金の貯蓄もあるのだろうから、それ以上の方は潔く退いて欲しい。

 

ですので自分は、今後年金が支給されれば(一部はあと2年、全額はあと4年)それで充分生活していき、尚且つ今以上に旅に出て行こうと思っています。

 

アジア中心であれば往復の飛行機代、現地のホテル、食事代を含めて1ヶ月10万円ちょっとで充分やっていけそう。

 

アジア以外に行く場合は、少しインターバルをおいて貯めてから行けばと。。。

 

こんな感じで楽観的な考えをもってますので、65歳(あと4年)迄は多少なり仕事をしながら年に4~5回アジア中心に旅に出て、その他のエリアはその後に、そして年に1回ぐらいはお母さんと一緒に夫婦で行き、世界一周はその後に。。。