tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

以前の「上野駅」にそっくりなバンコク「ファランポーン駅」の一日~この光景もあと何年後には。。。

 

 

バンコクファランポーン駅」、ここにはもう何回来たか分からない程。

 

ここに来るとバンコクにやって来たと感じます。

 

この駅は何十年前から来ているような感じを受けるのは、そう以前(新幹線が通る前の昭和の頃)の「上野駅」を思い出す。

 

あの当時の「上野駅」は、寝台列車、特急、急行、各駅停車、通勤電車、色々な電車が発着していて、学生の時行く度にワクワクして「上野駅」に降り立ったのを思い出します。

 

 

 

 

 

 

実際この「ファランポーン駅」は、フランクフルト駅を模して造られたそうだが、外観の建物、建物の中、プラットホームまでやはりは、今もかすかに昔の面影が残る「上野駅」の低いホーム側(13番線~19番線)に雰囲気がそっくり。

 

コンコースはいつでも沢山の人で賑わっている。

 

プラットホームへは、チケットがなくても入れます。

 

列車の種類も朝から夜まで様々、寝台列車(新型を含め)、特急列車、各駅停車の列車タイプと電車タイプ、全線電化されてないのでディーゼル車、ディーゼル機関車を牽引したものが全部。

 

今回は駅前のホテルに2泊したので、朝、昼、夜と「ファランポーン駅」の様子を垣間見ることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この駅のホームでの名物な光景が、このホーム上での床屋。

 

日本の駅中でも1,000円床屋が入っている駅結構ありますが、店の仕切りもなくそのまま椅子を置いた形で営業しています。

 

お客さんは男性だけでなく女性も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは駅の先にあるタイ国鉄の建物、その隣には職員とかを対象にした食堂もありました。

 

食べなかったがここの食事はかなり安いのではと思いますので、次回訪れた際はここで食事をしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

懐かしい昔の「上野駅」の雰囲気を味わいたい方は、是非バンコクの「ファランポーン駅」を訪れてみてください。

 

この「ファランポーン駅」、この先の「バンスージャンクション駅」に新しいターミナル駅が建設中です。

 

完成したあかつきには、すべての列車の発着がそこに移ってしまい「ファランポーン駅」はなくなってしまうのではという情報が。

 

なのでこの光景を見ることが出来るのは、あと数年かも。。。。。。