tranning’s diary「旅のフォトコラムダイアリー」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

「ワット プラーイ レーム(Wat Plai Laem)」~巨大な千手観音と布袋様があるサムイ島北部の寺院!!

 

 

サムイ島の北部には、ビック ブッタの他にも見どころの場所があり、すぐ近くにあるのが「ワット プラーイ レーム」。

 

池に佇む、カラフルに彩られた静かな寺院。18 本の手を持つ千手観音像がとえびす様がそびえる。

 

行った時は地元タイ人と中国系の観光客で賑わっていました。

目次

 

 

サムイ島~「ワット プラーイ レーム(Wat Plai Laem)」

 

 

 

 

 

大きな池の中央には本堂が、正面右側に20mの巨大な千手観音、左側にはほぼ同じの大きさの布袋様が池に浮かんでいる様に佇んでいる。

 

ここもビック ブッタ同様に拝観料は無料です。

 

 

 

 

 

 

 

■ 千手観音

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 本堂

 

 

 

 

 

 

 

■ 布袋様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**2018年の5、6月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

3年前の情報になりますので、今後は変更になるかと思いますがご了承ください。。。

 

 

 

tranning.site

 

 

 

 

記事をご覧になった方は、是非こちらをクイックしてください!!

 ↓↓↓↓↓ 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

「ビック ブッタ(Big Buddha)」~サムイ島の先に浮かぶ小さい島、光輝く黄金の仏像があるワットプラヤイ(Wat Phrayai)にある!!

 

 

サムイ島の北東、チャウエーンビーチから上にいった処にサムイ島とは埋め立てた道路で繋がっているが、小さな島にある寺院「ワット プラヤイ」の中にビック ブッタがあります。

 

タイには色々な場所にビック ブッタがあるが、同じくリゾート地にあるような処にあるのが多いが、他の場所とは比べものにならない程金色に輝いている。

 

よく行くパタヤにもビック ブッタがあるが、数段こちらの方が豪華。

 

 

サムイ島~ビック ブッタ(Big Buddha)in ワット プラヤイ(Wat Phrayai)

 

 

 

 

 

この時は宿泊したホテルの前にバイタクが停まっていたので、それに乗って100バーツ払って行ったが、空港の脇の道路を沿って行けば歩いて行けない距離ではなかった。

 

拝観料は無料で、着いてから下で靴を脱いでから階段を上がった処に、金ピカのどでかい大仏が鎮座している。

 

上の回廊からは、サムイ島の北側のビーチ、この前に訪れたパンガン島のハードリン地区が一望出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の入江の海岸沿いには人魚象などの置物もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

**2018年の5、6月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

3年前の情報になりますので、今後は変更になるかと思いますがご了承ください。。。

 

 

 

記事をご覧になった方は、是非こちらをクイックしてください!!

 ↓↓↓↓↓ 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

サムイ島 「ロータス フレンドリーホテル(Lotus Friendly Hotel)」~チャウエーンビーチ地区で一番安かったホテルに宿泊!!

 

 

サムイ島ではチャウエーンビーチに6泊、ナトーン地区に1泊と8日間滞在。

 

最初に3泊したチャウエーンビーチのホテルをまず紹介します。

 

ビーチリゾートノホテルは、どこもタイのホテルの宿泊料金と比べると高いが、その中で1泊朝食付きで2千円ちょっとで宿泊出来ました。

目次

 

 

サムイ島チャウエーン ビーチ~「ロータス フレンドリーホテル(Lotus Friendly Hotel)」

 

 

 

 

 

料金が料金なのでロケーションは全く気にしなく、オンザビーチとかではなくチャウエーンビーチ通り沿いにあり、北にあるどちらかというと空港に近い方。

 

サムイ島に来る日本の方はまず飛行機で来られる方がほとんど、船で来る方はほとんどいないのではないかと思います。

 

飛行機はバンコク エアウェイズが独占しているので、国内線でも他の場所と比べても激高。

 

なので空港からそしてパンガン島のハードリンから船で着くブッダピアからだと近くて便利、今回はナトーン桟橋から乗り合いのロットーにて。

 

予約を入れたのはこのサイトから

↓↓↓

 

 

 

■ ホテル正面 ロビー 建物

 

道路沿いにはレストランがあり、宿泊客以外の一般の方が入り易い様なオープンスペース。

 

その後方にレセプションがあり、となりにはビリアード台もある。

 

プールとかはないが、中庭があり奥行が深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

客室の棟は、レストラン、レセプションの棟の裏に奥行が広い3階と2階建ての棟がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ 客室 廊下テラス

 

部屋の入口はガラスの引き戸、もちろんカーテンはあるので外からは見れない。

 

客室の調度品は少し古い感じはするが、またそれが味がでていて落ち着きがある。

 

部屋はかなり広く、ベッドはゆったりのキングサイズ。

 

エアコン、冷蔵庫他のものもすべて揃っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスルームはシャワーのみで、シャワーを浴びると下はビチョビチョになるタイプ。

 

トイレはちゃんとハンドウォシュレット付き、水圧も充分。

 

 

 

 

 

 

 

部屋の入口の前がテラスになっており、椅子、テーブルが各部屋の前に設置してある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ レストラン 朝食

 

通常のレストランがメインなので、通り沿いにあるが朝はやはり宿泊客しかいない様。

 

朝食はメインがチョイスのオーダー式だが、飲み物、パン、フルーツ、シリアルはセルフ式のビュフェタイプ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**2018年の5、6月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

3年前の情報になりますので、今後は変更になるかと思いますがご了承ください。。。

 

 

 

記事をご覧になった方は、是非こちらをクイックしてください!!

 ↓↓↓↓↓ 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ