tranning’s diary「旅のフォトコラムダイアリー」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

「バンコク 中華街ヤワラート」~メインのヤワラート通り沿いを中華門からオンアーン運河まで!!①

 

 

 

世界各国の主な都市、特に港町には必ず中華街があります。

 

日本は横浜、神戸、長崎などが挙げられるが、ここバンコクも列挙とした港町で、タイ湾からチャオプラヤ川を上れば以前は大型船も来ていたであろう場所に中華街(ヤワラート)が。

 

ただバンコクの中華街は、独特の赤と金の配色が見られるが意外と漢字が少なく、中華風の看板にはタイ語表記が多いのが特徴。

 目次

 

 

バンコク~ 「中華街 ヤワラート通り」 中華門からオンアーン運河まで

 

 

 

 

 

 

 

漢字表記が少ないと言っても他のエリアと比べると圧倒的に、このヤワラー通りの建物はいかにも中華系のお店と分かる感じ。

 

1800年から中国からの移民が多くなり、どうしても中心地から外れた地区に追いやられたが、この地区が1960年ごろから中華街として発展した。

 

 

 

 

タイ政府は中国からの移民を受け入れる代わりに同化政策を進め、マレーシアやシンガポールなどと違い、タイの華人はみなタイ人として生きるようになった。

 

そのため、「ヤワラー」は特殊な文化を持ち、また町並みもタイの旧市街の様相を持ちつつ、中国のテイストも加えたような、不思議な場所になった。

 

 

 

 

■ アクセス方法

 

ファランボーン駅から「ワット トライミット」、「ワット マンコン」等を参拝し、ヤワラート通りを進み、途中路地裏、屋台のお店を見ながら「オンアーン運河」までゆっくりと歩きながら行くのがいい。

 

ただ今はMRT(地下鉄)が開通しているので、「ワット マンコン駅」で降りれば、そこが中心街。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は中華街の路地裏、屋台街を紹介します。。。。。。

 

 

*2018年の1月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

記事をご覧になった方は、是非こちらをクイックしてください!!

 ↓↓↓↓↓ 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

「ワット マンコン カマラワート(龍蓮寺)Wat Mangkon Kamalawat」~バンコク ヤワラートにある古い華僑寺院!!

 

 

 

バンコクの中華街(ヤワラート)にある、バンコクで一番古いという中国仏教寺院が「ワット マンコン カマラワート」。

 

願い事が叶うという事から、参拝者が絶え間なく訪れているお寺。

 

外見からいかにも中国色の強い、赤と金で覆われている建物、仏像が特徴になります。

 目次

 

 

バンコク~ 「ワット マンコン カマラワート(龍蓮寺) Wat Mangkon Kamalawat  」

 

 

 

 

■ アクセス方法

 

以前はファランボーン駅から歩いて「ワット トライミット」に寄り、中華門から中華街方面にヤワラート通りに行き、マンコン通りを右に折れると「ワット マンコン」に行けるが、今はMRT(地下鉄)の駅がファランボーン駅の次がワットマンコン駅。

 

3番出入口からすぐにアクセス出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

■ 拝観その他

 

拝観料は無料ですが、入口から境内に行くとお供え物の売店が多く、参拝する方はお線香、花、その他のお供え物をそこで買ってから参拝する方がほとんど。

 

 

 

 

中に入ると他のタイの寺院とは明らかに違う赤と金の色合いがどれも眩しい。

 

ただ隣にはタイのお寺もあり、修行僧の方はどこも同じ様相。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中華街(ヤワラート)には他にも規模は小さいが、中国仏教寺院が所々にある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*2018年の1月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

記事をご覧になった方は、是非こちらをクイックしてください!!

 ↓↓↓↓↓ 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

「ワット トライミット(黄金仏寺院)Wat Traimit」~バンコク チャイナタウンの入口、お城のような寺院!!

 

 

バンコク ファランボーン駅とチャイナタウンの真ん中、中華門の手前に絢爛豪華なお城と見間違える様な寺院があります。

 

ここには偶然に発見された高さ3メートル、 重さ5,5トン、 真の黄金で作られた仏像が仏塔の中に祭られてる。

 

この仏像は世界最大級で時価総額120億円ともいわれています。

 目次

 

 

バンコク~ 「ワット トライミット(黄金仏寺院) Wat Traimit

 

 

 

 

■ アクセス方法

 

 

ファランポーン駅をでてジャルンクルン通りへ入り、クルンカセム運河の橋を渡って最初の道を左折します。真っ直ぐ進むと右手に「ワット・ライミット」があります。

 

ファランボーン駅から歩いて10分もかからない。

 

ここに参拝をした後に、ヤワラー(中華街)へ行くのが丁度いい。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

■ 「ワットトライミット」概要

 

 

「ワットトライミット」は1238年に建立されたが、以前は普通のお寺だったが1953年に市内のこの仏像が安置されていた廃寺「ワット・プラヤーグライ」の取り壊しも決定し、そこにあった仏像が移転された。

 

当時の仏像は、全身が漆喰で覆われており、所々剥がれがみられ、顔もゆがんでいたため、誰もこの仏像を気に留めていなかった。

 

工事の最中、仏像を運び出そうとしましたが、あまりの重さに仏像が落下し、漆黒が剥がれ中から黄金の仏像が現れたと言われております。

 

当時は、ビルマ軍からの略奪を恐れて黄金の仏像に黒の漆喰を塗ってカモフラージュされていたとの事。

 

 

 

 

■ 拝観料 他

 

 

仏塔の中に入って、黄金の仏像を見るには40バーツかかり、朝8時から17時まで入る事が出来る。

 

寺院のエリア、仏塔の途中、他の建物に入るのは無料。

 

以前、仏塔の外側と目の前の祠とかは見たりしてましたが、この時初めて仏塔の中に入って黄金の仏像を見る事が出来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*2018年の1月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

 

記事をご覧になった方は、是非こちらをクイックしてください!!

 ↓↓↓↓↓ 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ