tranning’s diary「旅のフォトコラムダイアリー」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

サムイ島 チャウエーンビーチ(Chaweng Beach)の北部の遠浅のビーチがちょっぴり鏡張りになっていた。。。

 

 

サムイ島で一番有名なビーチは「チャウエーンビーチ」ですが、タイのビーチリゾートの規模で言えば、パタヤビーチ、プーケットのパトンビーチに次いでビーチの広さもしかり、ビーチリゾート、ショッピングセンターとかの充実度はタイ国内では3番目を位置しているのではないかと思います。

 

ただ賑やかで人が多い場所もありますが、少し離れた処には人が少なく静かな場所がある。

 

「チャウエーンビーチ」を北にビーチウォークをして、沖にある島「Ko Mat Lang」が正面に見える場所からさらに上に行くと、干潮の時刻でもあり遠浅になっている場所が、海面に上空の雲がうまい具合に写っていて、鏡張の状態になっていました。

 

 

サムイ島~「チャウエーン ビーチ(Chaweng Beach)

 

 

 

 

 

丁度行った時のタイミングが良かったのかもしれなく、常にこんな感じの光景が見られるとは限られないが、メインのチャウエーンビーチだけでなく、ビーチを少し歩いてみる事をお勧めします。

 

ビーチウォークをしていると、色々な発見があるのでやめられない、砂の上を歩くと普通の道を歩くより足腰の鍛錬になる。

 

解説なしで画像のみを羅列で紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更にビーチを北上すると、漁船が点々と停泊している漁村があり、その先には岩場が広がっていました。

 

ここからチャウエーンビーチの中央に引き返す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**2018年の5、6月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

3年前の情報になりますので、今後は変更になるかと思いますがご了承ください。。。

 

 

 

記事をご覧になった方は、是非こちらをクイックしてください!!

 ↓↓↓↓↓ 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

サムイ島北部の「バンラック ビーチ(Hat Bang Rak)」がセントマーチンのビーチの雰囲気がちょっぴり味わえる!! 

 

 

 

サムイ島に来る方法としては、特に日本人の方のほとんどの方は2泊~3泊なのでまず飛行機で来ると思います。

 

ただサムイ島までの飛行機運賃は高いので有名、バンコク~サムイ間はLCCが飛んでなく「バンコク エアウェイズ」が独占、通常時で毎日12本以上、ナショナルフラッグのタイ国際航空も毎日2便のみ。

 

国内の他の空港から、国際線も何便か就航しているよう。

 

自分は船で来て、船にて島を離れ合計7泊、8日間滞在し、空港には一度も行かなかったが飛行機は乗ったり、見たりするのは鉄道同様好きです。

 

事前に全く知らなかったが、偶然ビーチウォークをしていてこんなに間近に、飛行機の離発着が見れる場所があるとは。。。

 

 

サムイ島~「バンラック ビーチ(Hat Bang Rak)」

 

 

 

 

 

この「バンラック ビーチ」のすぐそばに「サムイ国際空港」があります。

 

事前に情報とか何もなかったのですが、「ビック ブッタ」、「ワット プラーイ レーム」に行って参拝した後に、恒例のビーチウォークをしている際にここに来て、初めて目にした光景。

 

 

 

 

暫しの間このビーチに佇んでいましたが、結局近くで見れてショット出来たのは1枚だけ。

 

行ったことはないが、ビーチと飛行機のコラボで有名な中米カリブの「セント マーチン島」の光景が思い浮かんだが、かなりこちらは縮小版にはなると思うが、ここも見てみる価値は充分ある場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**2018年の5、6月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

3年前の情報になりますので、今後は変更になるかと思いますがご了承ください。。。

 

 

 

記事をご覧になった方は、是非こちらをクイックしてください!!

 ↓↓↓↓↓ 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

バンラック ピア(Bangrak Pier)とバンラック マーケット(Bangrak Market)~サムイ島北部の玄関口、チャウエーンビーチにも近い!!

 

 

 

サムイ島への玄関口はいくつかありますが、船でのメインの埠頭は西部にある「ナトーン ピア」だが、チャウエーンビーチに滞在するには北部にある「バンラック ピア」が近くて便利。

 

ましてパンガン島からだったら、目の前に島が見えるのでここが一番でした。

 

自分もパンガン島から来たので、ただスラタニーへは「ナトーン ピア」の方が数も時間もいいよう、ただ日本の方でサムイ島に来る方はまず飛行機を使い、船という選択肢はないようです。

目次

 

 

サムイ島~「バンラック ピア(Bangrak Pier),バンラック マーケット(Bangrak Market)」

 

 

 

 

 

 

■ バンラック ピア(Bangrak Pier)

 

桟橋は1本のみだが、チケット売り場と待合所の建物が新しく立派で、料金が高いナトーン ピアのロンプラヤ社の桟橋より立派。

 

シートラン社のフェリーが中心だが、パンガン島のハードリンピアからの船もここから発着してる様。

 

すぐ横には漁船が数多く停泊している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ バンラック マーケット(Bangrak Market)

 

桟橋の手前には漁船から採れた魚貝類を中心に販売している、マーケットがそんな大きな規模ではないがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

**2018年の5、6月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。

 

 

3年前の情報になりますので、今後は変更になるかと思いますがご了承ください。。。

 

 

 

記事をご覧になった方は、是非こちらをクイックしてください!!

 ↓↓↓↓↓ 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ